取扱品目

メニューを閉じる

有限会社徳総が回収・処分できる不要品・廃棄物

産業廃棄物、古紙全般、適正な取り扱いが必要となる機密文書の回収・処分まで広範な対応をお約束する「有限会社徳総」。ここでは、当社がお取り扱い可能な品目についてご案内します。福岡で不用品や廃棄物の処分にお困りの倉庫業・運送業などの事業者様は徳総までお気軽にご相談ください。

取扱品目(回収可能な廃棄物・不要品)

有限会社徳総では、産業廃棄物、古紙、ダンボール、雑誌、適正な取り扱いが必要となる機密文書の回収・処分まで対応しています。

古紙全般(段ボール・新聞・雑誌・カタログ・パンフレット)
  • 古紙全般(段ボール・新聞・雑誌・カタログ・パンフレット)
  • 古紙全般(段ボール・新聞・雑誌・カタログ・パンフレット)
  • 古紙全般(段ボール・新聞・雑誌・カタログ・パンフレット)
  • 古紙全般(段ボール・新聞・雑誌・カタログ・パンフレット)
産業廃棄物(ビニール・廃プラスチック類・紙くず・木くず・繊維くずなど)
  • 産業廃棄物(ビニール・廃プラスチック類・紙くず・木くず・繊維くずなど)
  • 産業廃棄物(ビニール・廃プラスチック類・紙くず・木くず・繊維くずなど)
  • 産業廃棄物(ビニール・廃プラスチック類・紙くず・木くず・繊維くずなど)
  • 産業廃棄物(ビニール・廃プラスチック類・紙くず・木くず・繊維くずなど)
機密文書
  • 機密文書

PICK UP!

ご存じですか? 家電リサイクル法

家電リサイクル法(特定家庭用機器再商品化法)では、一般家庭だけでなく事業所から出る「電気洗濯機・衣類乾燥機」「エアコン」「電気冷蔵庫・電気冷凍庫」「テレビ(ブラウン管・液晶・プラズマ各種)」の4品目について、消費者が処理費用を負担することが定められています。これは、特定家庭用機器から有用な部品や材料をリサイクルし、廃棄物を減量するとともに、資源の有効利用を推進することを目的とした法律で、適正に処分せず不法投棄した場合には処罰(罰則)の対象となります。

「無許可」の業者にご注意ください!

廃棄物処理は適正に処分することが法により定められていますが、中にはこうしたルールを守らず「無許可」で営業している業者があるので注意が必要です。たとえば、「なんでも回収いたします」と街中を大音量で巡回していたり、チラシやインターネットで広告していたり、空き地などに回収した廃棄物を放置しているようであれば間違いなく「無許可」業者です。

一般廃棄物や産業廃棄物などの回収・処分を事業として行うには、管轄自治体の許可が必要となりますが、もし「無許可」の業者に事業所から出た不要品や廃棄物を引き渡してしまうと、不法投棄となり法的な罰則が適用されるのでご注意ください。また、無許可業者による不適正な処理や管理で、火災などが発生し、近隣に被害や損害を与えたという事例も報告されています。もし、お客様が廃棄物をこうした業者に引き渡していたという事実が発覚すれば、社会的信用を棄損する恐れもあります。やはり、事業所で出た不要品やゴミ、廃棄物は許可を得た業者に回収・処分を依頼しましょう。

リサイクル券について

自治体や小売店に回収や処分を依頼せず、消費者である事業所様が廃棄物を指定引取場所に持ち込むことも可能。その場合は事前に郵便局で「家電リサイクル券」を利用し、リサイクル料金を振り込み、廃棄時には家電リサイクル券一式の裏紙を剥がして廃棄物の所定位置に貼付する必要があります。なお、有限会社徳総では、この家電リサイクル貼付作業を有償にて代行いたします。ご希望の場合は、その旨お申し付けください。